HOME

【 食 育 】—給食について

 育ち盛りの子どもたちにとって、「食」は保育園生活のなかでもとても重要な位置をしめます。本園では「善く生きる子どもたちを援助する」観点から「食育」を重視し、こだわりの給食をお子さま方に日々提供しております。

           

1 手作りの給食

 給食はすべて手作りの給食とし、給食費の徴収はいたしません。

 献立作成は、園長、主任、栄養士が会議をして、日替わり献立を作成し、食材(栄養)のバランス、季節感、いろどりの美しさ等に配慮して、原則として(一部、パン、自然食品のおやつなどを除く)すべて手作りで調理しています。冷凍食品は一切使用していません。

                                                                                                             

2 食物アレルギー完全対応

 食物アレルギー児に対しての配慮として、園児の保護者と話し合い、医師の診断書をもとに個々人に対応して、原因となる食品の除去を行い、それに対しての代替食の準備をおやつ、補食にいたるまで準備しております。

 さらに園児たちのすべての水飲み場、および給食室には医療機器メーカーの浄水器を設置しています。

 

3 こだわりの食材             

 平成14年度より、埼玉県・毛呂山町・「新しき村」から無農薬米を仕入れ、また、平成23年年3月の東日本大震災以降は、放射能の検出されない地域(岡山県など)さらに、平成28年以降は千葉県南房総、静岡県で生産された無農薬、有機野菜や食材を中心に使用しております。

 このように本園では、有機野菜販売グループと提携し、採れたての旬の野菜、米、卵等を直送してもらい、献立にいかしています。油はすべてスペイン、イタリアからのエキストラヴァージン・オリーブオイルを使用しています。

 また、きなこ、ごま、豆腐、海苔、麺類などもすべて生産地を考慮した遺伝子組み換えなしの食品を中心に使用しています。そのほか食材(ジャム、果物缶詰など加工品、調味料も含む)についても、同様に吟味して使用しています。

                                                                                                     

             

inserted by FC2 system